【春日部市】春日部に砂丘があるって知ってました?浜川戸砂丘に行ってみた!

2019/04/23 07時00分

春日部にもまだまだ知らない場所がたくさんありますね。みなさんは春日部に砂丘があるって知っていましたか?

浜川戸砂丘の看板

春日部八幡神社に行った時に↑こんな看板を見つけたんです。「浜川戸砂丘」?なんと春日部に砂丘があるようなのです。看板の説明通りならば、平安時代〜室町時代に浅間山や榛名山から季節風が砂を運んで積もって砂丘になったとのこと。ただ、私はこの10年八幡神社には毎年訪れていますが、そんな砂丘を見たことは一度もありません。でも看板には八幡神社とそこに併設されている稲荷神社の境内で見ることができると書いてあります。まさに八幡神社→稲荷神社というルートでこの看板まで歩いて来たはずなのですが…。

ということでスマホで詳しく調べてみることにしました!おらナビのサイトを見るどうやら神社方面から八幡公園に差し掛かる↓この辺のことを指しているようです。これが砂丘だと!?

この辺が浜川戸砂丘

ですが、よくよく見ると砂がサラサラしていてそれは海の砂浜のような質感です。さらによく見るとこの砂が八幡公園方面や神社の方にも続いています。サラサラとした砂浜のような砂が続いているのです。稲荷神社を降りたところにもう一つ公園があって、そこに砂場があるのですが、その砂と比較すると違いがよくわかりました。どうやらこのサラサラとした砂が砂丘の砂であり、この辺一帯が浜川戸砂丘のようなのです。

サラサラの砂

ここが砂丘だったと説明されると「砂っぽい公園だな」と以前より思っていた部分に納得しました。ということで春日部に砂丘があるのは間違いありません。鳥取の砂丘などをイメージしていたのでちょっと異なりましたが、これはこれでとても興味深かったです。みなさんも浜川戸砂丘の砂のサラサラ感見に行ってみませんか?

↓浜川戸砂丘はこちら

(とうとう)

ジモネタ春日部市

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ