【春日部市】旧倉松落にかかる「めがね橋」が埼玉県指定文化財に指定されます!!

2019/02/22 07時00分

春日部市民には嬉しいニュースが入ってきました。旧倉松落にかかる「めがね橋(大口橋)」が埼玉県の指定文化財に指定されるとのことです。

めがね橋

明治24年に大落古利根川から倉松落への逆流を防止するために、杉戸町、幸松・堤郷・八代・高野村の一町五村が協力して建設されたのがこのめがね橋で、現存するレンガ造り樋門としては県内2番目に古い物となっていて歴史的価値が高いため今回の指定となった模様です。

石碑

現在では樋門としての役割はなくなり道路橋として利用されています。交通量が多い道路ですので利用している方もいらっしゃるのではないでしょうか?建設の経緯を記す石碑「倉松落大口逆除之碑」と共に貴重な近代化遺産となっているとのことです。

近代化産業遺産

いつも良く通る道ですが、そこまで歴史的な価値がある橋だとは気がついていませんでした。普段何気なく通っている場所にも貴重な建物などがあるのかもしれませんね。

↓めがね橋はこちら

(とうとう)

ジモネタ春日部市

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ