【春日部市】南桜井駅前、廃院した病院跡に動きあり! 現地の様子をお知らせします。

東武野田線(東武アーバンパークライン)の南桜井駅北口で工事予定の看板をみつけました。

2021年11月12日の様子

この場所は鬱蒼とした木々のイメージがあります。建物などはなかったような気がしますが全て取り壊されて更地になっています。

工事用のフェンスもなが〜く続いていてかなり広い土地です。

春日部市教育委員会文化財保護課・郷土資料館より、南桜井駅の目の前には昭和18年(1943年)頃、軍需工場、精工舎南桜井工場があったそうです。終戦と共に、軍需工場は操業をやめ、閉鎖。工場の建物25万坪、機械2000台の施設設備は転用され、昭和21年(1946年)に株式会社農村時計製作所になり昭和25年(1950年)10月に事業を停止。その後、昭和25年(1950年)11月にリズム時計の南桜井工場になります。

画像はイメージです。

現在はショッピングモールや住宅地として再開発されていますので面影はほとんどありません。南桜井駅の北側にはリズム時計工場があったと、地元の方は記憶に残っているかもしれませんね。

そして、この工場に隣接して「南埼病院(なんさいびょういん)」がありました。1990年代に病院名を「朝倉病院」に改称し、内科と精神科の病院として運営されていたそうです。2001年7月に「朝倉病院」は廃院となっています。

現在更地になっている場所は、おそらく「朝倉病院」の跡地になります。

本当に広いですね!

さて、こちらにあった看板の予定建築物の欄には…

ドラッグストアとコンビニエンスストアとなっていました!

駅前にあるととても便利な2つですね。

ちなみに工事予定期間は令和4年(2022年)3月〜9月になっていました。申請予定者は「株式会社セキ薬品」ですのでセキさんができる可能性が高いですよね!これは楽しみです!

経過を追っていきますので、また進展がありましたらお知らせします!

↓ドラッグストアとコンビニエンスストアができる予定の場所はこちら

2021/11/27 07:05 2021/11/27 08:53
とうとう

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ春日部市

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集