【春日部市】[台風19号関連]春日部を救った地下神殿!首都圏外郭放水路が稼働しました!

2019/10/17 07時00分

首都圏を直撃した台風19号。利根川が危険水位に達し、10月13日未明に久喜(栗橋)で氾濫の恐れが生じて春日部市内にも防災サイレンが鳴り響きました。深夜に避難した住民の方も多かったようで緊張が続く状態となりました。利根川が氾濫すると数時間後に春日部にも影響が来るといいます。各所で冠水・浸水はあったようですが、そのような大きな被害がなかったのは不幸中の幸いです。

同時に今回の台風19号は埼玉・春日部だけではなく、広範囲で被害をもたらしました。未だ復興が続いている地域も多数あります。早く日常生活に戻れるようになることを心よりお祈りいたします。

地下神殿

「首都圏外郭放水路」をご存知でしょうか?地下神殿とも呼ばれる春日部にある施設です。その圧倒的なインパクトのあるビジュアルもあって、見学ツアーが催されていたり、TV番組・映画の撮影が頻繁にされることでも有名です。その首都圏外郭放水路が今回の台風19号襲来時に2019年5度目の稼働をしたとのことです。しかもフル稼働は4年ぶりだったとか。

ホームページによると首都圏外郭放水路は市内を流れる中小河川が洪水となった時、洪水の一部をゆとりのある江戸川へと流す機能を持っています。春日部市付近は中川・綾瀬川の流域は利根川や江戸川、荒川といった大きな川に囲まれてて、これまで何度も洪水被害を受けてきましたが、首都圏外郭放水路の完成によって長年洪水に悩まされてきた流域の被害を大きく軽減されたようです。

今回の台風19号では首都圏では東京都内の多摩川、同じ埼玉県内の川越市の越辺川などが氾濫しました。また、前述の利根川や荒川などが危険水位に達して緊張状態が続くことになりました。春日部市内には中川、倉松川、大落古利根川、幸松川など多数の河川が流れていますが、この首都圏外郭放水路の稼働もあって大きな氾濫はありませんでした。

第一立坑

もちろん限界はあるでしょうし、台風の大きさや状況によっては食い止められないシチュエーションはあるかもしれません。ですが、今回の台風で首都圏外郭放水路の稼働が少なからず被害を少なくしたということもあるかと思います。見学ツアーも開催されていますので、この機会に大活躍だった首都圏外郭放水路=地下神殿への理解を深めてみてはいかがでしょうか?

【春日部市】「翔んで埼玉」撮影場所!リニューアルした地下神殿・首都圏外郭放水路を見学!!

↓首都圏外郭放水路の見学ができる龍Q館はこちら

(とうとう)

ジモネタ春日部市
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ